仲町(なかちょう)

     

弘前は、慶長8年(1603)に津軽藩初代藩主為信が計画し、2代目の信枚によって同16年に築かれた城下町です。城郭は、4代信政に変更されるまで城の追手門(表門)は北門(亀甲門)とされ、正面を北に構えていたと伝えられています。
保存地区は、この追手の守護のため、藩重臣の子弟を配置した数ヶ町の侍町の一区画にあたり、江戸時代を通じて重要な役割をはたしてきたところです。
江戸時代の主屋もさることながら、その前面に坪庭を持つ屋敷の地割が良く残り、昔ながらの門や板塀、サワラ生垣などが伝統的な街並みを形成しているところから、貴重な歴史的文化遺産として、昭和53年、国の「重要伝統的建造物群保存地区」の選定を受けています。

Hirosaki-shi Nakacho Historical House Preservation Area

When Hirosaki castle was built in the early 17th century, the 2nd Lord of the Tsugaru Family, who were feudal lords under the Tokugawa shogunate, created several samurai districts at the front of the castle to protect the Main Gate.
The preservation area was one of those districts.
Unfortunately, there are not many historical houses left.
However, the allotment of land and building style on each lot hava not been changed much since the Tsugaru Family preiod.
The hedges with some old gates and wooden fences are reminiscent of the old days.

弘前市仲町伝統的建造物群保存地区とは?

1.伝建地区って、なに?


正式には伝統的建造物群保存地区(でんとうてきけんぞうぶつぐんほぞんちく)と言いますが、長いので省略して「伝建(でんけん)地区」と呼んでいます。

2.伝建地区って、どんなところ?


弘前のような城下町や宿場町、農村や漁村の集落などの中に、日本の歴史的な街並みや環境がよく残っていて、そこに住む人たちがその町並みや環境を守るために頑張っているところです。   

3.弘前の伝建地区って、どこにあるの?


弘前公園の北側にあります。弘前城が作られると同時に城の周りにも町が作られましたが、城の正面を守るため、追手門(正面玄関)のすぐ近くには藩の役目のある武士を住ませました。その町の一部が仲町という伝建地区です。※はじめは追手門は今の北門(亀甲門)でしたが、後になって城の正面は南に変わりました。

     

4.なぜ、仲町は伝建地区になったの?


仲町が作られたとき、1つ1つ区切られた土地が(地割り)が、今でも形をあまり変えずに残っているからです。また、土地の使い方には一定のパターンがあって、家を新しく建て替えても土地は昔ながらの使い方をしている人が多く見られます。


①門
②道路や隣地に面する部分のサワラ生垣や黒板塀
③観賞用の庭(ツボ)
④門から玄関や勝手口への飛石(兼平石)
⑤裏庭(カグヂ)は畑にしたりウメやカキなどの実のなる木を植えていました。
①Gate[mon]
②Each land is surrounded with cypress hedges.[ikegaki]
③A guestroom faces a small japanese-style garden.[tsubo]
④Two rows of stepping-stones are lined from the gate to the front door (for callers) and to the family entrance .[kanehiraishi]
⑤They grew vegetables and planted several kinds trees such as persimmon and plum trees in the backyard.[kaguji]

5.仲町の名前の由来は?


仲町は地名ではなく、弘前城の西側を下町、東側を上町、その中間の北側を仲町と呼んだもので、仲町伝建地区には3つの町名が入っています。それぞれの町名は職業に関係のある名前ですが、時代によって町の名前や広さが変わったり、実際には身分の高い武士が住んだこともありました。
The names and boundaries of the districts were changed several times. The preservation area is now composed of 3 districts, Wakado-cho, Kobito-cho and Bakuro-cho.

若党…身分の高い武士の付き人
 Wakado an attendant of a high rank-ing samurai
小人…藩の雑用をする人
 Kobito a person who takes care of chores of the Tsugaru
馬喰…馬の鑑定や治療をする人
 Bakuro aperson who treats, appraises and trandes horses

6.仲町の特徴は?


道路に沿って植えられたサワラ生垣に、古い門や板塀がよく調和して、昔ながらの景観を作り上げているところです。弘前にあるサワラの生垣は、サワラの木が雪に強く生垣の形に整えやすいことから、弘前藩によって利用が進められたものと考えられます。仲町のサワラ生垣の長さは、全体で2700メートルくらいあります。生垣は、内から外を透かして見ることができて、しかも敵が攻めてきた時には生垣を通して敵を槍で突くことができる…という説もあります。